キャバ嬢の仕事の1つ!営業メールの送り方はこうや〜

キャバ嬢テク

キャバ嬢のウチ流営業メール&LINEのコツ

キャバ嬢に欠かせないのが営業メール。LINEの場合もあるけど。

また来店して指名してもらうため、また同伴してもらうためにお客さんと直接やり取りをすることも多いんやけど、ただ営業するだけではお客さんはついてきてくれへん。

お客さんはキャバ嬢に対して下心を持って接してくる人が多いから、あからさまな営業とか、あからさまに金づるにされてると思われるような連絡は返してくれる可能性が低い。

でも、営業メール・LINEも、やり方のコツを覚えればどんどんお客さんがついてきてくれる!

キャバ嬢の仕事で稼ぎたいんやったら、お客さんとの連絡のやり取りについても気を使わなあかん!

ということで、ここではお客さんについてきてもらいやすい営業メール・LINEのコツについて紹介していくな。

「お店に来てくれてありがとう」メールは即送る

大抵初めて接客するお客さんの場合お店で連絡先を交換する。

お客さんの方から連絡先を聞いてくれることなんてそうそうないから、ここは自分からどんどん連絡先を聞かなあかんで。

で、連絡先を交換したら、「〇〇(自分の源氏名)です!今日はお店に来てくれてありがとうございます!」って、お客さんが帰った後速攻でメールを送る。

ここでちょっとでも時間を置くのはNG。

お客さんが「楽しかったなあ」と思ってるうちに、追い討ちをかけるように丁寧なメッセージを送ることで、お客さんに自分の印象をもっと強く残すことができる。

「自分のためにこんなにすぐにメッセージを送ってくれたんや!」っていう好印象を残すことにも繋がるし。

やからウチは、お客さんを見送った後すぐにどこかの席に入らなあかんわけじゃなかったら、速攻でLINEを送ってる。

同じようなメッセージの内容でも、タイミング勝負でお客さんから見た印象はだいぶ変わるから!

テンプレメッセージは送らない

即効送ることが大事とは言ったけど、すぐに送らなあかんからってテンプレを用意しておくのはNGやで。

なんでテンプレメッセージを送ったらあかんかっていうと、テンプレはお客さんからもわかるから。

「来てくれてありがとうございます」なんて、そのキャバクラに来たお客さん全員に言っててもおかしくないことやん?確かにテンプレのメッセージは楽ではあるけど、お客さんから見れば「自分は他の客と同じ、ただの客としてしか見られてない」と思ってしまう。

まあキャバ嬢から見ればそりゃそうなんやけどw

でも、また来て欲しいならそのお客さんに「自分はそのキャバ嬢にとって特別な存在なんや!」と思わせることが大事!

特別なお客さんやったら、他のお客さんにも送れるようなテンプレのメッセージは送らへんよな?やから、テンプレは用意せずに、お客さん1人1人に特別感を感じさせるメッセージをその都度考えて送らなあかん。

面倒くさいけど、それこそキャバ嬢として稼ぐための近道やから。

お店で話した続きをメールでやりとりする

じゃあ、特別感を出すにはどうしたら良いと思う?

一番簡単な「特別感」の出し方は、お店で話した内容をメッセージに交えること。

例えばお店でお客さんが「釣りが趣味で〜」っていう話をしていたら、「今日は来てくれてありがとうございます!

釣り、ウチも興味があるので詳しく教えてもらっても良いですか?」とか。

もちろん席でも釣りに興味があるような感じのリアクションをしつつ、お客さんの好きなことに合わせて、それについてもっと教えて欲しい、もっと話をしたいっていうことをアピールする!

「自分のこと覚えててくれたんや」ってお客さんから見ても好印象やし。

さらに、同伴とか次の来店に繋げられる可能性が高くなるから、会話の内容は事細かに覚えて、何なら手帳とかに記録しておくと今度また来店してくれた時に役に立つ!

お店での楽しい時間の延長線上みたいな感じで連絡のやり取りをすることが、テンプレ感を脱却してお客さんに気に入ってもらうための営業メール・LINEのコツやで。

そのお客さん1人1人に合わせた接客は大変やと思うし、実際ウチもめんどくさいと思うことはあるけど、それでも稼ぐためには必要なこと。

人気を取りたいなら、接客とかトーク力と合わせて連絡のやり方にも工夫してみてなー!

タイトルとURLをコピーしました